エステの光脱毛とはどんな方法なのか

エステサロンで主に行われている脱毛方法は光脱毛と呼ばれる方法であり、この方法は名前の通りに光をムダ毛のある部分に照射するだけで脱毛する事が可能です。


どうして光を当てるだけで良いのか、その仕組みについて説明をします。


光脱毛の光というのはメラニンが吸収しやすい波長の光を用いています。
メラニンというのは体毛の中にも含まれている色素であり、体毛が黒い色をしているのもメラニンのおかげです。



光を照射するとメラニンが光のエネルギーを吸収して熱を発生させます。



その熱が毛根にある毛母細胞にダメージを与えてムダ毛の処理をする事が出来るようになっているのです。

用いている光は透過性が無いために肌の表面部分にしか光は届かないので臓器などに影響を与える心配は無く、メラニン色素が光を吸収して熱を発生させるので、その周囲の肌は光を浴びても問題が無いように考えられています。



ただし、日焼けしている肌やホクロがある部分の肌は光を浴びてはいけないようになっています。メラニンは何も体毛のみに含まれている訳では無く、日焼けした肌やホクロなどにも含まれています。
そこに光を照射すると、その部分まで発熱して火傷してしまう危険があるのです。

そのために扱い方には注意が必要ですが、きちんと扱う分には簡単にムダ毛を処理する事が出来て効率も良く、光脱毛が登場したおかげもあってエステサロンは大分低価格で処理する事が出来る所が増え、子供のお小遣い程度の金額でも通う事が可能となっています。