自宅で行える脱毛法とは

自宅で行える脱毛法にも様々な種類があります。

毛抜きやテープ、ワックスはその中でもリーゾナブルな部類に入ります。



毛抜きは一本ずつ抜きますので手間がかかりますし、手の届かない場所は処理をすることができません。



テープは一度に大量のムダ毛を引き抜くことができますので、急いでいる時に非常に便利です。
ワックスもテープと同じように一度に大量のムダ毛を抜くことができますが、含まれている成分によっては肌に負担をかけますので気をつけなければなりません。

脱毛器を使う場合でも、色々な種類があります。

ローラー回転式の脱毛器は、肌の上をゆっくりと滑らせるだけでローラー回転している部分がムダ毛を掴んで引き抜いてくれます。


ムダ毛が十分な長さでないと上手く掴むことができませんので処理残しが発生してしまう恐れもありますが、正しく使用すれば短期間で広範囲の処理を行うことが可能です。
レーザーや光を照射することのできる脱毛器を利用する場合には注意が必要です。
これらの機器はムダ毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射して毛母細胞の働きを弱らせますが、照射後すぐにはムダ毛が無くなりませんので気をつけなければなりません。

照射後すぐに縮れ毛のような状態で抜け落ちるムダ毛もありますが、残った毛は1~3週間の間に自然にするすると抜けていきますので、それを待たなければなりません。



効果は非常に優れていますし、ムダ毛の悩みを根本的に解決してくれるものです。